親子だって人と人


今年中には新しい挑戦をすることを
家族にも誰にも言えてないけど自分の中ではもうずっと前から決めていて

おまけに上司というか、雇い主の医者が本気でヤバい人だから
それもあって今の職場を辞めたいんだって愚痴混じりに親に言うと


いつもいつも
「お母さんだって職場にヤバい人いる」だの
「上司を嫌いじゃない人なんかいない」だの
そんなことを言い返されて

「でもやっぱり資格を持ってると強いよ」って話になって

お荷物にならないとか、食いっぱぐれないとかいう話になって
結局話が逸れたまま終わるいつものパターン。



資格があるといいよ、って
言うのはわたしの方なんだけどな。
資格持ってる当人はそんなこと
言ったことないんだけどな。

確かに看護師とか、絶対いつになっても必要とされる仕事の資格は
持っていて絶対損はないし、お荷物にもならないし、食いっぱぐれないだろうね。仕事を続けてれば。そうは思うよ。

でもさ。それが全てではないと思うんだな。




社会に出れば、合わない人がいるから辞めますなんて甘ったれたことできないってわかってるし
今までだってそんな理由で愚痴吐いたりしたことはないのに
なんでいつも自分の話に変換するんだろ。
なんでいつも自分と同じにしちゃうんだろ。


今の職場を辞めるのに、上司になんて言おうかなって思ってたら

「ここで働き始めたら病気が悪くなったんで…って言えば?」
「ストレスで良くならないんです、って言えば何にも言い返せないんじゃない?」とか
笑いながら母親に言われて。


親のことは好きだし、大切だし、尊敬するところももちろんあるけど
どうしてそんなことが笑いながら言えるの?って
どういう気持ちでその言葉を口にしてるの?って
本気でわからなくなるときがある。


ストレスで髪が抜けることもあるけど
それだけじゃない病気なことはわかってるはずなのに
なんでそんなこと言うの?って。
そんなこと本気で言えると思ってるの?って。



わたしがこの病気になって、親も辛いだろうなって思う。


でもこういうこと言われると…さ。
やっぱり髪のない、病気であるわたしの気持ちって
わたしにしかわからないんだな、ってまた心閉ざしちゃうよ。




それとも自分の考えすぎなのかな。



もう親だとかそういうことじゃないのかも。
人として理解できない部分があるのかな。



わかんないなー。何考えてるんだかさっぱり。




0コメント

  • 1000 / 1000