星のあつまり


やっぱり楽しい。
居るのと居ないのでは
全然ちがう。

6人じゃダメだとか
絶対7人じゃないととか
そういうことじゃないし
そんなこと言ってるんじゃなくて

ただやっぱりそこに、居てほしい。居てほしかった。


ライブだって楽しめた。
ちゃんと、ちゃんと、楽しかった。
物足りないだとか思う間も無かった。

「ここに居てくれたら…」って
思うことを、後ろめたいと思う必要もないし
本当に心からそう思うのなら
その気持ちに嘘つく必要もないから


だから、やっぱり、本当に
そこに、居てほしかった。

歌ってる姿が見たい
歌声が聴きたい
笑顔が見たい



ひとりで進むと決めた道

どうなるかわからないのは百も承知
険しい旅になることも覚悟して
歩んでいった先で、これからの未来で

あんな風に、心から楽しそうに
音楽をやってくれていたなら、それでいい。



これから新しく造られていくものばかり
人も、歌詞も、曲も、全部全部

たぶん、たぶんだけど
後悔しないなんてこと絶対ないと思う。

いくら自分で決めたからって。
本当に本当に、大切なものから離れたんだから。


家族よりも長い時間を共にした仲間と
奏でた音が、作り上げた音楽が、
その真ん中で、楽しそうに歌う姿が
誰よりも大きく見えたその姿が
わたしは本当に大好きだったよ。
これからもそう言うよ。
これからもそう思うよ。



だからただただ、願うのは
元気で居てほしいってことと

今はどんな複雑な気持ちであっても
一つ一つ、今を積み重ねて

「この道を歩いてきてよかった」って
心から思える、未来になりますようにってこと。


わたしもがんばるね。

0コメント

  • 1000 / 1000

uyutime

今を生きるんだ、諸君。 自分の人生を素晴らしいものにしろ。